• 大阪個展「HOPE」(2021年12月開催)
    12月10日(金)
    chignitta space (チグニッタ・スペース)
    本展は、山下にとって大阪では約6年ぶりとなる待望の個展です。躍動の瞬間を描いた山下作品には強い生命力と同時に一瞬で終わりゆく哀しみも存在する。儚いものだと分かっていても永遠であってほしいという希望の意を込めてこのタイトル「HOPE」を付けました。
  • 福岡個展「HOPE」
    1月07日(木)
    TAGSTÅ GALLERY
    本展は、山下にとって福岡では約5年ぶりとなる待望の個展です。躍動の瞬間を描いた山下作品には強い生命力と同時に一瞬で終わりゆく哀しみも存在する。儚いものだと分かっていても永遠であってほしいという希望の意を込めてこのタイトル「HOPE」を付けました。アトリエを海の近くの湘南に移し、躍動というテーマの表現レンジを広げることに挑戦しました。